官能小説

「破蕾(はらい)」冲方丁の初の官能小説!ランジェリー・プレゼント企画も!?

B56DAB87-76BB-493B-B85A-BDB807E2F7B6

冲方丁の初の官能小説「破蕾(はらい)」

時代小説「天地明察」やSF小説「マルドゥック・スクランブル」を手掛けた作家・冲方丁(うぶかた とう)さんの自身初となる官能小説「破蕾(はらい)」が2018年8月1日に発売されました。この作品の中には、江戸を舞台に3人の女性の生き様が描かれています。


破蕾 [ 冲方 丁 ]

狂気と艶美の悦びが、許されざる逢瀬に興じる男女の胸を焦がすーー。

旗本の屋敷を訪ねたお咲。待ち受けていたのは、ある女に言い渡された「市中引廻し」を身代わりで受けるという恐ろしい話であった。当初は羞恥に苛まれるお咲だったが、徐々に精神の箍が外れていく……。(「咲乱れ引廻しの花道」)夫の殺害を企てるも不首尾に終わり、牢に囚われた女。いかにも嫣然とした高貴な血筋の女。名は、芳乃と言った。「わたくしの香りをお聞きください」芳乃はぽつりぽつりと身の上を話し出す。(「香華灯明、地獄の道連れ」)。

書き下ろし新作『別式女、追腹始末』も収録。冲方丁、初の江戸官能小説!

咲乱れ引廻しの花道
香華灯明、地獄の道連れ
別式女、追腹始末

著者 冲方丁(うぶかた とう)

11E4E582-8FDB-4A67-B411-92E280C36D50

1977年岐阜県生まれ。1996年『黒い季節』で第1回スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞受賞。2010年『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞を受賞。2012年『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。

冲方丁の代表作


天地明察 [ 冲方丁 ]

江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ることー。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。


マルドゥック・スクランブル(The 1st Compres)完全版 (ハヤカワ文庫) [ 冲方丁 ]

なぜ私なの?-賭博師シェルの奸計により少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックだった。法的に禁止された科学技術の使用が許可されるスクランブルー09。この緊急法令で蘇ったバロットはシェルの犯罪を追うが、そこに敵の担当官ボイルドが立ち塞がる。それはかつてウフコックを濫用し、殺戮の限りを尽くした男だった。代表作の完全改稿版、始動。

ランジェリーブランド「アルバージェ」とのコラボレーション

今回、発売された官能小説「破蕾」は、初の試みとしてランジェリーブランド「アルバージェ」とコラボレーションし、小説購入者に抽選でランジェリーがプレゼントされるそうです。

9D672FD2-2338-4A4A-97B8-9B90F2AF5C5E

アルバージェのランジェリーを男女各5名にプレゼント

冲方丁さん初の官能小説『破蕾』の出版を記念して、”人生を引き立てるスキンジュエリー”Albâgeから、女性にはキャミソールとショーツ、男性にはボクサーパンツをプレゼントいたします!

本賞品には欧州のレースやストレッチ素材が贅沢に使用され、日本人の身体に合った色味や設計を追求されています。コンセプトの1つである「LIFE&SEX」は性別関係なく他者を「異性」と定義付け、性差を超えて人間同士の営みを応援したいという願いから名づけられたとのこと。

今秋の新作ランジェリーには、冲方氏が開発に関わり、ランジェリーにちなんだショートストーリーを書き下ろす予定もございます! Albâgeのランジェリーを身につけて、『破蕾』を読んでみてはいかがでしょうか?

応募受付期間
2018年7月31日(火)~9月30日(日)

応募ページ コチラからどうぞ。

ランジェリーブランド「アルバージェ」とは?

6570B883-F709-4CF4-BA11-D69D9DD14D50

2016年9月デビューのランジェリーブランド「アルバージェランジェリー」は、本場フランスでランジェリーを学んだデザイナーによるランジェリーブランド。欧州のレースやストレッチ素材を贅沢に使用し、日本人の身体に合った色味や設計を追求。身に付けるとたちまち心がときめくようなセンシュアルでコンテンポラリーなデザインが特徴です。また、コンセプトの一つである「LIFE&SEX」は性別関係なく、他者を「異性」と定義付け、性差を超えて人間同士の営みを応援する=コミュニケーションの彩りをサポートしたいという願いから名づけました。ランジェリーを介して、他者との関わりを深めたり、自分らしさを表現してみたり、最終的には自分自身を高める日常アイテムの一つとして、インナーだからこそできる世界観の演出を目標としています。また、日本美術に造詣の深いデザイナーによるフランス仕込みの製法は、和洋折衷、オリエンタルなムードを醸し出す「ジャポネ(日本)+ピアン(ヨーロピアン)」なランジェリーブランドとして国内だけにとどまらず、アジア圏でも展開予定です。