コミック・電子書籍

ドメカノ(ドメスティックな彼女)・第22巻を無料で読む方法!究極のエロ漫画!

CE331AFE-F044-473C-B33F-64A0CACF0164

電子コミック「ドメスティックな彼女」を無料で読む方法とは?

動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」は、月額利用料を払って映画・ドラマ・アニメ等の動画作品が見放題になるサービスですが・・・。

実は、月額利用料を払わなくても「31日間無料体験」に入るだけでU-NEXTポイント600円分プレゼントされ、そのポイントで電子コミック等の電子書籍が購入できちゃうんです!「ドメスティックな彼女」は1冊420円(税別)だから、ポイントを使えば1冊分は無料で読めちゃうってことになるわね。

ただし、600円を超えた分は自腹となりますので、ご了承くださいね。

31日間無料体験」とは・・・

たった3分程度で簡単に登録できて、好きな動画見放題、600円のポイントプレゼント、そのうえ31日以内なら自由に解約できて料金はかかりません。ポイント600円の使い方は、好きな電子書籍の購入に使ったり、動画のレンタル作品を見たりすることに使えます。「ドメスティックな彼女」最新刊も、このポイントを使って購入できます。(ただし、600円を超えた分は自己負担となりますのでご注意くださいね。)

まずは、31日間無料体験でお試しください!

↓↓↓↓↓

無料トライアルで600ポイントプレゼント!

ほかにもいっぱい!U-NEXTの特徴・サービス特典

ユーネクストの特徴は・・・

ポイント1 動画の配信作品数が多く、最新作やアダルトも充実!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使って動画レンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで動画のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!実施中!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツを視聴したり電子書籍を購入したりできます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!ポイント600円分ゲット!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年10月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「ドメスティックな彼女」第22巻がいよいよ発売!

お待たせいたしました!

待望の「ドメスティックな彼女第22巻が、いよいよ発売になりました。

CE331AFE-F044-473C-B33F-64A0CACF0164

ドメスティックな彼女」(通称「ドメカノ」)は、流石景さんのGE〜グッドエンディング〜』に続く2作目の連載漫画として人気を博しています。

この作品は、現代日本における高校生の恋愛を題材としており、主人公・夏生とヒロインの性行為から始まる本作は、高校生同士のセックスや学校教諭の不倫、セックスフレンドなど、性的な描写を多く含んでいます。タイトルのドメスティック (domestic) とは英語で「家庭内の」という意味で、バイオレンスな要素はありませんのでご安心ください。でも、かなりエロティックです!

「ドメスティックな彼女」第1~20巻の内容

第1巻

DD80E19B-6A4E-4B46-8464-9F14F12B652F

高校生・夏生は明るくて人気者の教師・陽菜にかなわぬ恋をしていた。だが、合コンで出会った陰のある少女・瑠衣と関係をもってしまう。そんなとき、父が再婚することに。相手が連れてきた子供が、なんと陽菜と瑠衣で!? カゲキな新生活が今、始まる!

[読者レビューより抜粋1]

まとめ買いして5~6巻まで読んでからの感想です。ややネタバレ注意です。
別に好きというわけではないけど「経験してみたい」という理由でセックスした相手と、ずっと好きだった学校の先生。二人は実は姉妹で、親の再婚でその二人と義理の姉弟となるストーリー。
展開自体は面白いし、絵も比較的キレイで女の子も可愛いのだが・・・1巻のレビューを見て買うかどうか悩んでいる人はある程度覚悟しておいたほうが良い。作品は何も悪くないが、確実に読者の好みで☆1~5までありえる作品。
まず主人公は結構流されやすい。「先生が好き!」ということは真実であっても、裸の女の子に迫られたらふらーっと流されそうになる。そこを「何この優柔不断、ヘタレ!キモい!」となるか、「ま、まあ高校生男子では仕方ないよな」となるか。ビジュアルはイケメンというよりはカワイイ年下系男子といったところか。

[読者レビューより抜粋2]

久々にハマったマンガ!
冒頭の合コンでノリきれない主人公とヒロインがそっと抜け出しそしてヒロインの部屋でお互いが初体験を済ましてしまう・・・というところから物語がスタート。そんな一度きりの関係だと思っていたら、主人公の父の再婚相手の連れ子がそのヒロインだった。という衝撃的なお話です。しかも、連れ子は姉妹で姉が主人公の憧れてる先生だとか・・・ありきたりといえばありきたりですが、綺麗な絵とシリアスだけど抜けているところもちゃんと用意している物語展開が非常に面白いって感じてます。
1巻では、そんな主人公と一緒に住むことになった姉妹の変な関係をそこまで深く描かれているわけではありません。ただ、姉のことが好きだけど妹とは1回エッチしちゃてる変な関係、今後その関係がどう深まっていくのか非常に楽しみではあります。

第2巻

60B44641-B7FF-4BF3-9A90-EB6CF81ED308

義理の姉であり、思いを寄せる相手でもある陽菜(ひな)が不倫をしている!? 夏生(なつお)と瑠衣(るい)は協力して、どうにか不倫相手を付き止めようと奔走する。そして遂に! 不倫相手の萩原柊(はぎわら・しゅう)と対面するが、柊は、別れる気などないと語る……。果たして、この歪な関係はどんな終結を迎えるのか!?

[読者レビューより抜粋3]

GE(グッドエンディング)の頃から大好きな流石景さんの新作第2巻。
とんでもない展開で始まったこの作品ですが、2巻はさらにとんでもない展開が続いて、読んでても全然飽きないです。ラブストーリーやちょっぴりエッチな少年漫画はよくありますけど、この作品はストーリーが本当にとんでもないですね。笑
エッチな表現がではなく、展開が時々少年誌ギリギリに感じます。苦笑
時折笑いやネタに走りますけど、芯は相変わらず少し黒い印象。脱線しながらもシリアスな部分に戻ってくる流れが独特で好きです。これからどう展開していくかとても楽しみ。

第3巻

742A7176-5FED-4B8A-AD58-23303FF0517D

陽菜(ひな)にフラれ、傷心の夏生(なつお)は誘われるがままに恋多き少女・柏原(かしわばら)ももの家へとやって来た。陽菜を忘れるため、ももと付き合おうと決心する夏生。部屋に入るなり、抱きついてきたももとベッドの上へ……。夏生は新たな恋に走るのか!?

[読者レビューより抜粋4]

相変わらずももちゃんは夏生くんに積極的なんだけど、彼女のやり方は余り好ましく
ないと思う。そんなももちゃんの毒牙にまんまとハマりそうになる優柔不断の夏生くん。この作品を見てると某漫画家のとある作品に酷似していてちょっと嫌悪感さえ抱いてしまう。更にまた新キャラが登場するのでハーレム状態が加速している。

[読者レビューより抜粋5]

主人公・夏生を始めとする主要キャラ達の表情が豊かですね。特に頬を染めた顔がその人物の心情をよく表していると思います。照れてしまったり、思わず恥ずかしくなったり、気まずい雰囲気になった時の表情、少しうっとりとしたり。今巻では「葦原美雨」という文芸部の部長(と言っても部員は彼女一人)が登場します。思わぬ成り行きで文芸部に入ることになった夏生は、文学少女の美雨と触れ合う中でまた新たな揺れる感情を持ち始めます。そんな二人を見て瑠衣にも少し心の変化が訪れ、そし・・・・・・・必見ですね。ちなみに瑠衣とモモも夏生を追う(?)形で文芸部に入部。

第4巻

EF10572E-B85B-4E13-BFDF-7157D290FA4B

「藤井(ふじい)くんから見て、私みたいな子ってどうなのかな……?」。文芸部の部長・美雨(みう)から突然の質問をされ、戸惑う夏生(なつお)。一方、陽菜(ひな)は元・不倫相手の柊(しゅう)が離婚したと知り大きく動揺する……。さらには、夏生と瑠衣(るい)の関係にも新たな変化が起きて……!?

[読者レビューより抜粋6]

こんな展開があっていいのか 良くも悪くもそう感じました。面白いとは思うのですが。キャンプ編では、あるハプニングをきっかけに、瑠衣の気持ちに大きな変化が訪れます。そんな瑠衣と夏生のあるショッキングな場面に遭遇した陽菜先生。そして一人暮らしを始めると決意する。ここからドロドロとした三角関係が渦巻くと思っていたら、夏祭りで夏生にとって念願の展開が待ち受けます。こうもあっさりと通じ合うとは。もう少し時間をかけてそれぞれの気持ち、想いを詰めていってほしかったなあと。悪く言うと、いくらなんでも上手くいきすぎと言ったところでしょうか。羨ましすぎるぞ夏生!(笑)今後の展開も波乱が起きることは間違いないでしょう。なので大いに浮き沈み激しく盛り上げていってほしいですね。それにしても陽菜先生も瑠衣ちゃんも可愛いなあ。色んな表情を見せますがいちいち可愛いです。蛇足ですが新キャラのアレックスはこれからどんな働きを見せるのでしょうね。

[読者レビューより抜粋7]

早く主人公とヒナ先生にくっついて欲しい。でも、くっつきそうでくっつかなさそう。妹には可愛そうだが…。妹と言えば4巻の初版には袋とじがあって主人公と妹の初体験内容が載ってて中々のエロでした。焦って袋とじを雑に破かないように気をつけてください。

第5巻

87D018FB-2764-43A8-B839-6D2529DEDCDC

ついに両思いとなった夏生(なつお)と陽菜(ひな)。だが、この関係は周りに明かすことはできない。許されない恋に戸惑う陽菜、関係を進めたいと焦る夏生。二人の気持ちには段々とズレが生じ始めて……。そんな折、【淫行教師】を断罪するFAXが突然送られてきた! 文化祭直前にして、学校が揺れる――。

[読者レビューより抜粋8]

序盤は両想いになった夏生と陽菜のもどかしい距離からのノロケでしょうかね。この巻では桐谷先生の過去の因縁が発端で起きた事件が主に描かれています。そして文化祭で大きな騒動が起きてしまいますが、最終的には桐谷先生の生徒への真剣な思いやりが見れました。そして、元教え子への配慮も。ちょっと変わってますが、本当は思いやりのある良い先生なんだと思います。この事件と併せて、前の学校を異動になったエピソードも描かれてます。そして桐谷先生の意外な「もう一つの顔」も。そして柏原ももちゃんは勘が鋭くて機転が利いて頭の回転も早い意外と凄い子だったり。
後半では遂に夏生と陽菜の関係が瑠衣にバレてしまい・・・・・・・・瑠衣の表情があまりに切なかったですね。こちらも胸が痛くなりました。直前まで夏生との関係はいい感じだっただけに。可愛い表情の連続だったのであの涙はもう。

第6巻

6AED2EC2-C580-4730-A19F-B970B90A2917

「あたし これから、あんたのこと嫌いになる」。陽菜(ひな)と夏生(なつお)が付き合っていることを知った瑠衣(るい)は、【夏生を嫌いになる】ことを決心する!? 各々が複雑な思いを抱えつつ、修学旅行で舞台は沖縄へ! 旅先では、陽菜の水着が流され、アルが瑠衣への告白を決心したりと波瀾万丈!! そして夏生と陽菜がついに、初めての夜を迎える──。

[読者レビューより抜粋9]

初めての恋が実らなかった瑠衣、その瑠衣に心惑わされるアレックス、そして禁断の愛に揺れる陽菜の心の行方 登場人物それぞれの感情の揺れが丁寧に描かれています
夏生は本当に罪な男ですね
10話収録ですが、この間に色々な出来事・ハプニングが起こり、そしてラストで遂に・・・・・・・めくるめく展開とはこういうことを言うんだと思います とにかくこの第6巻で巻き起こるエピソードの振れ幅が大きすぎて付いていくのにやっとという感じですね 夏生と陽菜がこのまま上手くいくわけもないでしょうし・・・・・この点は次巻で描かれると思います
ラスト3ページ(184~186p)ですが、ここだけマガジン最新36・37合併号掲載の第61話のラスト3ページを持ってきています(台詞とか微妙に違ってます) なので次巻の第61話のラスト3ページはまた構成を変えると思います 新たに加筆3ページとかなら嬉しいですけどね さて今後はどんな展開になってゆくのでしょう

第7巻

41E9FA19-876E-4393-BA3A-19A095B02384

修学旅行先で、ついに結ばれた夏生(なつお)と陽菜(ひな)。嬉しい反面、陽菜に見合うようにと焦る夏生は、ある決意を胸に桐谷(きりや)のもとへと向かう! 少しずつ未来へと動き出した二人の恋。しかし、修学旅行中に撮影された一枚の写真から夏生と陽菜の関係が学校に知られてしまい…!? 許されない恋の行方は──。

[読者レビューより抜粋10]

巻数が更新されていくに連れて評価が下がってますけど自分的には普通に面白いですw
夏生くんの気持ちも納得できるっていうかなんていうか。。って感じで笑 確かにカメラに写っちゃってる事故はさすがにええぇ。ってなりましたが それだから面白いと思います笑 6巻の最後にそのフラグを立てるシーンが来た時はおおってなりました( ̄▽ ̄) とりあえず面白いです。これからも愛読させて頂きます!

[読者レビューより抜粋11]

結ばれた陽菜と夏生だけど事態は思わぬ方向に展開していきます。一教師である陽菜と夏生・・・この二人の浅はかな行動によって互いに苦しむことになるのですが自業自得って感じです。あり得ないシチュエーションで行為に及ぶのですから本当にアホ過ぎです。リスクがある付き合いをしていながら危機意識が低すぎるので笑えます。それとは別にこの作品・・・どうでもいい人間の裸体が多く描かれているのですがどうなんだろう・・・すごく微妙・・・。

第8巻

DC2BA9A7-CEC0-4D8F-9BFC-6DF74FC5A19B

陽菜(ひな)が消えてしまった…。夏生(なつお)を守るため、陽菜は誰にも行き先を告げなかった。彼女への想いが断ちきれず、憔悴する夏生には瑠衣(るい)ですら、声をかけることができない。しかし、そんなどん底から立ち直るため、夏生は大きな決断を自らに下したのだった──。

[読者レビューより抜粋12]

夏生の未来を護る為、終止符を打った姉の陽菜。深い悲しみの中、傍で支える妹の瑠衣。夏生への気持ちを抱えながら彼を支える瑠衣の心情を思うと切なくなる。瑠衣だけではなく他の人にも支えられる夏生は漫画の世界では愛されるキャラなのか・・・
個人的には優柔不断な夏生なので印象が悪い。(優しい所もあるんだけど、でもそれが相手を傷つけることもある)そんな彼は小説でアマチュア部門大賞という名誉ある賞を受賞するんだけど僻むキャラが登場。影のある新入生だけど簡単に弱みを握らせたりと・・・変な展開になりそう。

第9巻

86A49BBE-1FA9-4454-BC74-D82291B119AA

夏生(なつお)のもとを去り、新たな生活を始めていた陽菜(ひな)。彼女の目の前に突如、かつての不倫相手・柊(しゅう)が現れた。いっぽう夏生は、段々と瑠衣(るい)に心惹かれてゆく自分の気持ちと向き合うことができず、思い悩む日々を過ごしていた──。

[読者レビューより抜粋13]

あれだけ姉の事が好きだったのに妹にぐらつく夏生くん。気持ちがコロコロ変わってしまう彼に幻滅してしまう。姉がいなくなった事で彼の魅力とかが全く感じられないし、その分妹のルイちゃんの方が逞しく見える。

第10巻

2E9C6B83-D0CC-4773-A713-CE7EA4688926

高まる瑠衣(るい)への想いから、ついにキスを受け入れてしまった夏生(なつお)。一方、新天地の生活に励む陽菜(ひな)は、夏生への愛情を捨てきれずにいた。すれ違い、絡まり合う三人の恋模様は、偶然の出会いから再び動き出す──!

[読者レビューより抜粋14]

前巻からのあの写真の続きということで、この巻では夏生と陽菜の「必然の別れ」が訪れます 瑠衣の文学賞佳作受賞に触発され、夏生は小説家になるという決意と覚悟をようやく本気で決め、行動に移し始めます そんな中、思わぬところで都樹子さんに姉弟関係のことで疑われ、釘を刺され、不安になっていた陽菜 しかし、そんな彼女の様子を察した夏生が企画した二人きりの温泉旅行で、二人はより強い絆と信頼、将来の約束を結びあいます 二人の甘い考えを叱責していた陽菜の親友・マキにも認められ、桐谷先生に提出する短編小説もコンスタントに制作、全てが上手くいっていた矢先の、修学旅行の写真の露見 とはいえ、学校関係者では学年主任といったごくごく一部の先生の間で事は収められます そして、夏生をかばい「私はどうなっても構いません」と言った陽菜に下された処分は・・・・・

第11巻

3E696B22-5D19-4A74-AB5B-17B6F8589BAA

高まる想いを受け入れて、瑠衣(るい)との日々を選んだ夏生(なつお)。しかし、陽菜(ひな)との思いがけない再会が、夏生の覚悟を揺るがして……。出会い、別れ、そして復縁。新たな女性も加わり、恋は再び乱れゆく──。

[読者レビューより抜粋15]

今巻でいちよう陽菜との関係に区切りがつき物語が進んでいきます。夏生は胡桃沢さんという小説家の下で勉強させてもらうことになります。夏生が書いた読み切りや受賞作はことごとくダメ出しをくらい「お前は自分の半径5m以内の話しか書けないのか?」と言われて、現地での取材がどれだけ重要かを思い知らされます。取材相手との出会いで小説家として成長していく夏生、今後がすごい楽しみです!
瑠衣との関係はぎくしゃくしてたのに、また距離が縮まっていき…もう瑠衣以外の選択肢はないでしょ?早う決めちゃって笑

第12巻

8CCF63D3-1D27-440D-B6E1-8BB17D383198

「文化祭までに決着つけようよ」 嵐の夜に、裸の瑠衣と二人きり。すれ違っていた関係も、ついに終わりかと思いきや……? アルやモモまで入り乱れ、四角関係は正念場! 意中の相手は誰の手に──。

[読者レビューより抜粋16]

はらはら・ドキドキ・しながら毎週読んで、コミックが出れば買っている。男の子は、ヒナのような女が好きなんですかね?ルイに幸せになって欲しいんだけど・・・ジャマよね~ヒナ!!自分から大人ぶって別れを切り出したくせに、結局”淋しい~”って帰ってきて、前に進もうとしてる元カレに手をだしている・・・・・怒・怒・怒!流石景 ルイをあまり泣かせないで欲しい、ナツオ~しっかりしようヨ!!!

[読者レビューより抜粋17]

1〜12巻まで読み終わって女の子は文句なしにかわいいです 内容はドロドロした複雑な恋愛物なのですがなんせ主人公がクズすぎて…感情移入しながら読む方にはオススメできませんイライラムカムカしてくると思います なんだかんだ理由つけて逃げて周りのこと考えずに自分が一番かわいいから自分のことしか考えずに行動する主人公ですね
絵はキレイです 主人公恵まれ過ぎでは?ってくらい周りの人たちがいい人ばかりなので周りの人達がいなかったらどうすんだこいつ…みたいなことを考えながら読んでました サイドストーリーのほうが面白いです 話のつなぎのように隙あらばエロをぶち込んでくるのでそれもいらないかなと思います

第13巻

CE2C4D90-E113-4FDF-9271-E69857440858

モモの誘惑を振り切って、瑠衣のもとへと駆け出す夏生。しかし、瑠衣はアルに告白され、約束の場所へ向かった後だった……。波乱の三角関係はクライマックス、瑠衣の心は誰の手に? すれ違い続けた恋、とうとう決着!

[読者レビューより抜粋18]

やっと長きに渡り想い続けてきたルイルイの想いが実ります。いやぁナツオはクズですが、それでもちゃんとルイルイを選んだ。このあとの展開でルイルイを裏切るようなことをしたら許しません(笑)ルイルイおめでとう!な巻ですね。

第14巻

D569AA26-9BBC-4D61-B6A0-BE854E6E0FF5

初のクリスマス、お泊まり旅行でご満悦の瑠衣。しかし、夏生の失言で突然空気は険悪に……。付いて離れて不安定、発展途上な二人の恋路。陽菜の想いも絡み合い、行方はもはや予測不可能!

[読者レビューより抜粋19]

今回の話は、彼女 瑠衣との青森旅行&陽菜の突然の帰省です!瑠衣との旅行の話は、とにかくずっとラブラブでキスしまくりwほんとこのまま上手くいって欲しいです!
なのに突然の陽菜の帰省w 陽菜は前あったことを反省しお姉ちゃんとして接していくことを決めてたのですが….….決めてたのですが感情抑えられずww もう、この人登場させたらずっと話ややこしくなるやんw やっぱ1巻表紙の人物なだけあって、ここから彼女になったりするんですかねー?夏生の気持ち勘違いして帰っていったから、またここからガツガツきそうだしw「お前だけは何があっても守るから 絶対に…」とか瑠衣に言っときながら、陽菜とまた付き合ったら、もー、夏生あかんで!w
次の巻からは大学編!!新キャラも何人か出てくるようだし、さーどうなる!先が楽しみ!

第15巻

87987B6D-BD80-4F83-83C3-AFE9E5B0F3DE

受験勉強が終わり、ついに夏生も大学生。初めての一人暮らし、新たに出会う友人たち、そして、帰ってきた陽菜──。様々な要素が絡み合い、波乱はまだまだ継続中!

[読者レビューより抜粋20]

高校卒業からその後しばらくの話。ナツオとルイがくっついて以降、ルイが完全にデレてしまって、かつての人付き合いが苦手で多少の憂いを秘めたルイはもういない。幸せそうで何よりではある。ナツオ大学生編は、良くいえば伏線張りなのだが、話題がバラバラでそれほど面白くはない。ヒナ姉はやや蚊帳の外といった感じ。人気作品ゆえに仕方のないことなのかもしれないが、中弛み感は否めない。絵が安定してきれいで両ヒロインとも安定の美形なので、その点では十分楽しめる。

[読者レビューより抜粋21]

ルイ一押しの私としては、ルイが幸せそうなのを見るだけでも満足なのですが、相変わらずナツオの周りに女性が絡んでくるのがちょっと・・・とはいえ、そうでないと話は続かないのでしょうが。そろそろ最終回でも良いのでは?と思っています。私が好きだったベイビーステップはあっさり終わっちゃったことですし・・・

第16巻

A2D94509-81CD-4AE4-8325-EC0F2DF04C78

二人は知ってしまった。陽菜が、夏生を想い続けていたことを。もし、陽菜と別れていなかったら。行き場のない仮定は、瑠衣の悩みの種となっていき…。再び生まれた三角関係、トラブルだらけの大学生活。夏生の未来は、いまだ波乱の渦の中──。

[読者レビューより抜粋22]

夏生と瑠衣の恋に翻弄され、振り回されてるのは最初から陽菜。初体験の相手が瑠衣で、夏生が陽菜を好きになって攻めなければ、陽菜はそれなりに幸せな日々を過ごしていたはず。夏生が気持ちを押し付けた結果別れさせて、職も奪った挙句に心まで傷つけられたわけで。夏生が弱ってる時にそばにいたら、そりゃ、優柔不断な夏生のことだもん。瑠衣に傾くよね。結局、2人に翻弄されまくった陽菜が損するばかり。そのうえ、今後は見合い相手まで用意されちゃってるわけだし。最初から完全な当て馬だったんだなーと同情してしまう。
ここまで長く続かせる必要はなかったんじゃないかな。瑠衣と夏生がくっついた時点で終わってたら、すっきりしたかも。

第17巻

17BD1C96-C4FC-4AA2-8797-D5B3A7EF4E6C

雨の山中、夏生と二人きりで一夜を明かすことになった陽菜。妹の彼氏だと知りながらも、抱き続けた想いは捨てきれず…。悩む陽菜の前に現れる見合いの相手、そして瑠衣と夏生の関係にも変化が発生!? さらには、演劇サークル内でも夏生を巡る三角関係が勃発! 人間関係は、未だ恋の渦の中──。

[読者レビューより抜粋23]

もうそろそろ終わらせた方がいい。本当にこれ以上続ける意味を感じない。ルイはかわいくてずっと好きなヒロインですし、いろんな漫画アニメゲームのキャラクターの中でもベスト3に入るかわいさなのですが、それだけにもういいでんですよ。読者もこれ以上は望んでないはずなんですよね。だってこれ以上続けてもきっとルイもそしてヒナももっと傷つきますよね?あとはもう平和に終わらせましょう。今は完全に引き延ばしだし、読者も惰性で読んでる人多いと思うんですよ。どう考えても13巻で終わらせておくべきだった作品なので、続けても20巻。なんとかまとめ切ってほしいです。大好きな作品だからこそ引き際は大事にしてほしいと願います。いつまでもルイの可愛さを見れることと、薄めて伸ばして悲しむ姿を見るのでは辛さの比が違う。マガジンの編集さん。もう売れるからって引き延ばそうとしないで。

第18巻

ED83B941-373F-4696-89F3-F9A80121D87A

ユウカの秘密の恋を巡り、フォレスターに大事件発生! 夏生も恋路に巻き込まれ、新たな環境も騒動は絶えず…。そして、瑠衣や陽菜の周囲にも変化は訪れ始めていた。新たな同僚。そして、新たな恋。決断を迫られ、彼女たちはどう動く?

[読者レビューより抜粋24]

評価低いレビューが多いんですけど、個人的には楽しく読みました。忘れられない恋、というのは誰にでもあるんじゃないかな、と思います。特に、自分の気持ちを押し込めて、終わらせたような時恋は、そんなに簡単に離れていってはくれません。相手も自分も互いを想い合っていたのだろ、お互いにわかっていて、相手の幸せを誰よりも願っているはずなのに、相手が幸せになることが何よりも苦しい。ヒナとナツオのすれ違いが解消された今こそ、本当の意味で二人が前に進める段階に来たのではないかな、と思っています。私自身は今までドロドロした系統の話はあまり好きではなかったのですが、このシリーズは一人一人の心がちゃんと描かれていて、心に響くように感じています。
なお、LGBTについては、たしかにさらっと流したとは思いますが、あくまでもナツオとヒナとルイの関係に焦点を合わせつつ、それと絡み合う形で小説家として成長していくナツオを描くという観点からすれば、ちょうどよかったように思います。あとはなんというか、〇〇問題についての無理解、ってよく言われますけど、正しい理解ってなんなんだろうな、とか、本当に、むずかしいな、って思います笑

第19巻

9BFB91BF-C581-4093-82EC-F5E80C470640

陽菜のお見合い相手・種部、プロポーズを断ると豹変!! 別れを告げたはずなのに、種部の追及は次第に過激さを増していく。追い詰められながらも、夏生に迷惑をかけまいと一人で抱え続ける陽菜。だが、その選択は最悪の結果へ──。

[読者レビューより抜粋25]

種部とヒナの話を進めつつも、いずれ来るであろうルイとヒナと夏生の関係のこじれを予感させる場面もあり、次の巻が早く読みたくなりました

第20巻

6FC7FCC5-FE6D-4B31-95DA-01D21BDCA16C

種部の刃から陽菜を庇い、意識不明となった夏生。事件をきっかけに、夏生の周囲にも大きな変化が生まれ始めていた。覚悟を固める陽菜、選択を迫られる瑠衣。そして、想いを自覚する雅。落ち着いたはずの恋模様、四角関係で再始動!

[読者レビューより抜粋26]

意識不明の重体患者の割にルーズな管理をされた病室はともかくとしてまぁ起承転結のはっきりした20巻でした。結局ヒナと一緒になるような方向性の展開です。ルイはなんだかあっちへこっちへと振り回されていてちょっとかわいそう。これもまたナツオが取り返しに来そうですけど。もう終わったかなと思った女の子にまた焦点が当てられたりと、またグダグダっとした展開が繰り広げられるのかな?全体的にはエロ目な20巻でした。

第21巻

801D8D76-C12E-48AE-AC89-521A2C67E0C3

ベッドに潜り、夏生の帰りを待つ雅。だが、夏生は瑠衣と一緒に帰宅! 言い出せぬまま、「大事な話」が始まってしまい…。絡み合う複数の三角関係、決着はまだ遠い!

第22巻

CE331AFE-F044-473C-B33F-64A0CACF0164

初めての単行本が炎上し、執筆活動でも思い悩む夏生。雅や陽菜が励ますものの、事態はさらに拗れていき…。四角関係、ついに動き出す。

まずは、31日間無料体験でお試しください!

↓↓↓↓↓

無料トライアルで600ポイントプレゼント!